11月15日 七五三(しちごさん)

日本は朝晩冷えて、朝暖かい布団からでるのが少しつらくなってきました。


11月に入ると街で着物や袴を着た子供とお父さんお母さんが歩く姿を見かけることがあります。外国人観光客が着物姿の子供たちと写真を撮ることも見受けられます。11月15日は七五三といって3歳と7歳になった女の子と5歳になった男の子が成長を祝う日です。


8世紀から12世紀の頃に始まったとされる七五三は、その時代子供の死亡率が高く、7歳まで生きられることが大変な時代でした。そのため、子供の健康と長寿を願いお祝いが行われるようになったといわれています。

 

3歳は「神置の儀(かみおきのぎ)」男女とも髪を伸ばし始める歳の儀式
3歳は「神置の儀(かみおきのぎ)」男女とも髪を伸ばし始める歳の儀式

                          

5歳は「袴着の儀(はかまぎ)」男の子が袴をはく歳の儀式
5歳は「袴着の儀(はかまぎ)」男の子が袴をはく歳の儀式

                     

7歳は「帯解の儀(おびとき)」女の子が帯を締め始める歳の儀式
7歳は「帯解の儀(おびとき)」女の子が帯を締め始める歳の儀式


時代とともに、祝う日にちは変化したようですが、17世紀ごろ11月15日に祝うようになったようです。

 
女の子は振袖(袖の長い着物)、男の子は袴(男性用の着物)を着て神社にお参りに行きます。着物は高価なものなので最近では着物レンタル会社の着物と撮影がセットになった格安プランを利用する人もいます。また母親や祖母の七五三の時の着物を譲り受けて着る子供もいます。自分が子供の頃に来た着物を子供や孫が着てくれるのは喜びも大きいですね。
 

関連ニュース