背景

日本は世界の中で最も少子高齢化が進んでおり2017年には1000万人以上の労働者が減少すると言われています。。世界第3位の経済を誇る日本は良質な教育で、経済力、ビジネス力や経営スキルが高いと言われています。一方、ベトナムはゴールデンエイジと言われる若くて活発な人材が豊富です。さらにベトナム人は、特に新しい技術に関しての学習に強い関心を持っています。この両国の資源をうまく活用すると、両国の経済発展と人材育成を促進することができます。2018年9月に設立されたGrow Up JVは、OneTechAsia Groupです。日本とベトナムとのビジネスやコミュニケーションに15年以上の経験を生かし、両国の発展に貢献したいと考えています。

財務能力、技術、ビジネススキルなどを持つことで、Grow Up JVが日越のますます発展していく経済に貢献したい若いベトナム人にスキル(日本語、ビジネス)を教育する大手企業になりたいと思います。

ビジョン

Tầm nhìn GrowUp

2025年までに、日本/ベトナム企業にスキルトレーニングの大手企業になります。

10,000人以上のメンバーを持つ日本とベトナムのビジネスコミュニティを作ります。

ミッション

Sứ mệnh của GrowUp

✩ ベトナムの若者に、日本とベトナムの企業での経験と成長の機会を与え、早期に成功できるようなスキルトレーニングを行います。

✩ 日越の経済発展を促進するために日本とベトナムのビジネスコミュニティを作り、ビジネスの機会創出をいたします。

取締役会メンバー

河本直己

河本直己

日本での株式会社One Technology Japanの代表で、日本で日本とベトナムの企業をつなぐビジネスを担当しています。Grow Up J.Vを日本でのインターン・就職や留学の紹介についてサポートします。

グエン ラム タオ

Grow Up JVの社長です。日本企業での7年の経験と日本企業との取引で15年以上の実績があります。ONETECH ASIAを5年前に創業しました。 テクノロジー、ビジネススキル、また日本文化の深い理解という強みを持ちます。ベトナム人に理論だけではなく、自分の経験を伝承し、世界に貢献し成功する人材を創出をする会社を作ることを目指しています。

グエン ラム タオ
井下田 深雪(いげた みゆき)

井下田 深雪(いげた みゆき)

Grow Up JVの校長。日本IBMを退職後、児童英語講師として働きながら二人の子供を日本語と英語のバイリンガルに育てました。アメリカ、オーストラリア、イギリス、カナダ留学経験があり、世界各国の友人と接することから日本や日本の文化について考える機会が多く、日本語講師になることを決意しました。ハノイの国際学校で園児向け日本語教育に携わる経験をしたのち、Grow Up JVにご縁をいただきました。ベトナムの皆さんがスムーズに日本や日系企業で働けるよう、わかりやすく実践的な日本ビジネスマナーを指導します。

タイムライン